ビタミン・ミネラル療法(栄養療法)とは?

様々な疾患の治療や予防のために海外で発達した、ビタミン・ミネラルなどのサプリメントを用いる療法です。
一般に必要とされる量を超えて処方されることもあります(メガ・ドース療法)。

必要量を超えて栄養素を摂取することで、栄養素が届きにくい部位へのアプローチを期待します。
アメリカやカナダでは医師がサプリメント(ビタミン・ミネラルなど)を処方することもあります。
ノーベル賞を2度受賞した「ライナス・ポーリング博士」の「ビタミンCの大量療法」も栄養療法の一つです。
ファンクショナルスタイルで提供しているビタミン・ミネラル療法は、既存の栄養療法の手法に独自に「老廃物・有害物質の代謝・排泄の促進」という概念を加え効果を高めています。
お子さまから大人まで、安心してご利用いただけます。

健康管理・体調管理での実際にいただいた体感

さいたまラボのビタミン・ミネラル療法を普段の健康管理・体調管理にお使いの方々から実際にいただいた体感です。

  • ・イライラすることが少なくなった、眠りが深くなった、朝の目覚めがよくなった、集中できるようになった。
  • ・朝の出勤前の気分の落ち込みが軽減した、疲れ・ダルさが軽減した。
  • ・体重が減った、体脂肪が落ちた、肌がキレイになった、むくみが軽減した、身体が締まった。
  • ・髪の毛に弾力が戻った。
  • ・味覚が敏感になった、便通がよくなった、以前より甘いものが欲しくなくなった。
  • ・腰痛・肩こりの軽減、関節が動きやすくなった(関節の可動域の拡大)

多くのアスリートの方達にもご利用いただいています。

格闘系アスリートの方々からいただいた体感

  • ・トレーニング後の疲労回復が速い、ハードな練習の次の日も目覚めがよい
  • ・今までより筋肉痛が軽い、集中力の向上。

ビタミン・ミネラル療法で実際に改善が見られた疾患

さいたまラボで提供しているビタミン・ミネラル療法によって実際に改善が見られた疾患

高血圧症、高脂血症、痛風
腰痛、肩こり、頭痛、足のつり、慢性疲労症候群
生理痛、生理不順、PMS(生理前症候群)、子宮内膜症
ADHD(注意欠如多動性障害)、発達障害、双極性障害、うつ、不眠症
花粉症、慢性鼻炎、喘息、アトピー性皮膚炎、化学物質過敏症
リウマチ、関節痛
逆流性食道炎、歯槽膿漏、メニエール症候群、特発性難聴

断薬の実例(薬が必要ない状態を目指します)

  • ・メンタルの薬の断薬
  • ・高血圧の薬の断薬
  • ・子宮内膜症が改善したこと(炎症の縮小)によるホルモン剤の断薬

当整体院では、ビタミン・ミネラル療法による体調改善、健康サポートのご提案をしております

さいたま浦和の北浦和駅前接骨院では、お体の悩みの改善や健康維持・向上のため、サプリメントを用いたビタミン・ミネラル療法をご提案しております。栄養素の補完に加えて、老廃物・有害物質の代謝・排泄の促進という独自のコンセプトをプラスすることで、より効果を実感いただけるメソッドとなっております。
整体院 北浦和駅前接骨院のビタミン・ミネラル療法を受けられた方の中には、イライラが少なくなった、熟睡できるようになり朝の目覚めがよくなった、集中力が高まったという方が多数いらっしゃいます。また、腰痛・肩こりの軽減、関節の可動域の広がり、美肌やむくみ軽減、ダイエット効果を実感されている方や、トレーニング後の疲労回復が早いというアスリートの声も聞かれます。
生理痛等の改善や、降圧剤やメンタル系のお薬を飲まずに済むようになったという断薬事例も多数ございます。体調や体質のお悩み、キレイになりたい、ダイエットしたいといったご相談も、さいたまの北浦和駅前接骨院へお気軽にお問い合わせください。